かわいいキャラクターアイテムグッズや誕生秘話など紹介しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直訳すれば「6月の花嫁」。6月に結婚した花嫁は幸せになれるというもともとはヨーロッパからの伝承です。


その由来は諸説があり


(1)6月すなわちJune という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神であるジューノ "Juno"(ギリシア神話では女神ヘラもしくはヘーラー)からきているため婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、 きっと花嫁は幸せになるだろう、とあやかってとする説。



(2)その昔、ヨーロッパでは、3、4、5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説。 




(3)ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続くため、はつらつとした季節の始まり、若者の季節と呼ばれ季節的環境がベストな月であり、 加えて復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、6月の花嫁は幸せになれるとする説などがあります。  


ムトウ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
raramiyさん こんばんは^▽^

6月の花嫁の由来…(1)はなんとなく知っていたけれど
(2)(3)は知りませんでした@0@

日本ではあいにく梅雨のシーズンだけど
暑くも寒くもない季節の式は、花嫁としても、招待される側としても
けっこうありがたかったりしますよね♪
2006/06/15(木) 17:58 | URL | はむ #-[ 編集]
そうなんですよね!
学生時代は憧れてましたが、現実は勢いとそれに見合った時期になっちゃってます。(ちなみに私は11月でした)
2006/06/15(木) 23:56 | URL | raramiy #mtzVLfYA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/06/16(金) 11:55 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する